1. ホーム >
  2. いわてのイイモノ紹介― 「食」のイイモノ ― >
  3. 「直利庵の酒そば」

MENU

トップページ

機構について

活動報告

リンク集

お問い合わせ

第2作業部会・産業基盤の集積と強化リンク

復興教育作業部会

いわて復興未来塾

応援しています

2016いわて国体

2016いわて国体

2016いわて国体

いわて平泉 世界遺産情報局

ilc

空港利用促進協議会

関連リンク

岩手県

買うなら岩手のもの
直利庵のお蕎麦に紫波町の吾妻嶺酒造店『吾妻嶺』をかけた酒そば
直利庵の酒そば

地酒『吾妻嶺』をそばにかけていただきます

盛岡の直利庵では盛り蕎麦に日本酒をかけて食べる『酒蕎麦』が人気です。
蕎麦粉はその日に打つ分だけを毎日挽いているそうです。盛りそばにたれと薬味(もみじおろし・ねぎ・おかか・くるみ)、なめこおろしが付いてきます。
お酒は徳利に入っており、紫波町の吾妻嶺酒造店『吾妻嶺』を使っているそうです。この『吾妻嶺』をそば全体にかけ、そばつゆにつけてていただきます。

最後には器の底に残った酒を味わうこともでき、日本酒愛好家にはたまらない組み合わせです。

直利庵

明治17年の創業以来、おいしさとそばの可能性を追求し続けてます

■盛岡市中ノ橋通一丁目12-13  019-624-0441

吾妻嶺酒造店

江戸時代中期の天明元年(1781年)「志和酒造店」として創業
冬季氷点下10℃以下まで気温の下がる厳しい気候条件のもと酒づくりを行っています。東根(あずまね)山を源とする軟水の伏流水をベースに、自社田で栽培した酒米をはじめ、麹米、掛け米ともに岩手産の酒米を使用するなど、地元岩手にこだわった酒づくりを信条としています

■紫波郡紫波町土舘字内川5  019-673-7221
http://www.azumamine.com/

ページの上に戻る