1. ホーム >
  2. いわてのイイモノ紹介― 「産業」のイイモノ ― >
  3. 「プロジェクター用光学エンジン」

MENU

トップページ

機構について

活動報告

リンク集

お問い合わせ

第2作業部会・産業基盤の集積と強化リンク

復興教育作業部会

いわて復興未来塾

応援しています

2016いわて国体

2016いわて国体

2016いわて国体

いわて平泉 世界遺産情報局

ilc

空港利用促進協議会

関連リンク

岩手県

最先端のプロジェクター

買うなら岩手のもの
花巻市のリコー光学株式会社は、最先端の光学技術を駆使したプロジェクター用光学エンジンを開発し、設計から販売まで一貫して “花巻” で行っています。
リコーのプロジェクター

最先端の光学技術を駆使した
 “花巻発の光学エンジン” が搭載されたリコーのプロジェクター

かつてはあまり目にすることのなかったプロジェクターも、近年はパソコンの普及や本体の小型化で、オフィスや学校などで一般化が進んでいます。

液晶プロジェクターは、3枚のLCDパネル (映像信号の赤・緑・青の各成分ごとに一枚ずつ) にランプの光を通して映像を表示します。
光学エンジンは、ランプの光を通すパネルをはじめ光を制御するためのシステムを含む、プロジェクターの基幹部品です。
光学エンジンによりプロジェクターは、偏光させた光 (偏光子、液晶、検光子を組み合わせた) をパネルに通し、ピクセルごとに光を透過させるか遮断するかの制御を行い、多彩な色を投写することができます。
LCDパネルが持つ能力を最大限に引き出し、明るく鮮明な映像を映し出すためには、光学エンジンの性能が重要です。優れた性能の光学エンジンを搭載することにより、プロジェクターは高画質で色の再現性の高い映像を得ることができるのです。

リコー光学では常に最先端の工学技術を駆使し、高輝度で高精細な映像を追求し続けた光学エンジンを “花巻” で研究開発・設計・製造・販売しています。
また光学エンジンは、自社で開発・製作したオリジナルの加工機により製造します。その精度はサブミクロン単位 (*) という精密なものです。
開発された光学エンジンは、リコーをはじめ各社のプロジェクターにも搭載されています。
 (*) サブミクロン=1mmの1万分の1

リコー光学株式会社

1973年創業
「世界のお客様に 喜ばれる価値を 提供しつづける」という経営理念のもと、光学技術産業分野において、新しい技術を「創造」しつづけながら、光の創造企業として、世界中のお客様へ「喜ばれる価値」を提供しています。

■岩手県花巻市大畑10-109  0198-26-4011
http://www.optical.ricoh.co.jp/

ページの上に戻る