1. ホーム >
  2. いわてのイイモノ紹介― 「食」のイイモノ ― >
  3. 「手作り工房きくぱん」

MENU

トップページ

機構について

活動報告

リンク集

お問い合わせ

第2作業部会・産業基盤の集積と強化リンク

復興教育作業部会

いわて復興未来塾

応援しています

2016いわて国体

2016いわて国体

2016いわて国体

いわて平泉 世界遺産情報局

ilc

空港利用促進協議会

関連リンク

岩手県

こどもたちに手作りの味を 南部小麦粉のこだわりベーグル

買うなら岩手のもの
手作り工房きくぱん

  岩手県産南部小麦粉を使った手作りベーグル

入口の手作り看板

入口の手作り看板

今回お話を伺ったのは、紫波町ののどかな田園の中にある「手作り工房きくぱん」店主、横沢きくさんです。 平成20年に「食の匠」として岩手県から認定を受けており、岩手の優れた食材を使った製品へのこだわりを持ち、 近年では地域の子ども達の食育にも力を注いでいます。
もともと趣味でお菓子づくりをされていたそうですが、地域で小麦の栽培が進められる中、南部小麦のおいしさに出会い、 パン作りを始めたということです。その後ベーグルの本に出会い、試行錯誤を繰り返しながら、ベーグル作りを続けられた横沢さん。 次第にそのおいしさが周囲でも評判となり、後に工房を開くきっかけとなりました。

きくぱんキャラクター「ことらちゃん」
 
入口風景

入口風景

きくぱん店内

きくぱん店内

  南部小麦粉とは?

小麦の栽培風景

小麦の栽培風景

南部小麦粉は比較的グルテン質が多く抜群の風味と甘みを持つなど、優れた特徴を持つ小麦粉として知られ、 国産の安全な素材として全国でパンや菓子・麺など様々な用途で使われています。
「きくぱん」では「全粒粉小麦粉」を使用したベーグル、スコーンを製造していますが、 これは紫波町の村木さんという方が、無農薬、無化学肥料で育てた南部小麦から作られています。 通常は製造過程で捨てられる表皮や胚芽も一緒に石臼で丁寧に挽かれることで、食物繊維・ビタミンB1・鉄分の栄養がたくさん 含まれた優れた風味の小麦粉となります。

  地元食材にこだわったベーグル

ベーグル、スコーンの製造風景

ベーグル、スコーンの製造風景

「ベーグルってどんなパン?」
ベーグルとは、卵・バター・牛乳を使わない「ゆでる」ことで作られるパン。それだけに本来の小麦の味を味わうことができるヘルシーなパンなのです。
「地域の食材へのこだわり」
きくぱん工房のベーグルは、プレーン以外にも、黒豆や人参・ほうれん草など、自家栽培の野菜を使った野菜・豆のベーグルなど があります。
また、紫波町の酒造店「月の輪」の酒粕を使用した「酒味(ささみ)ベーグル」のほか、 6種類の雑穀・小麦・米を組み合わせた、「雑穀ごはんベーグル」 は全て岩手県産の食材を使用。地元の食材にこだわり作られたベーグルは岩手の味そのものです。

  食育を通した地域貢献を

「絵本の中のクッキング」資料

「絵本の中のクッキング」資料。
ことらちゃんやかわいいキャラクターたちも登場する。

最近では、「食育」という言葉を耳にする機会が増えてきましたが、工房を始める前から、子どもとふれあう機会が多かったという横沢さんは、「食育」を通した地域貢献にも取組まれています。
なかでも、「絵本の中のクッキング」という活動は、子ども達に絵本の読み聞かせをし、その中に描かれている食べ物を実際に作ってみるというものです。地元食材を使うことで食べ物の本来の味やおいしさを覚える、同時に楽しく作り、楽しく食べる、「心の栄養」を育むことも大事にしたいとのお話でした。

「絵本の中のクッキング」資料
 
今回お話を伺ったのは・・・    手作り工房 きくぱん

工房には子どもから大人まで楽しむことができる、いろいろな味の製品がそろっています。土曜日には焼きたてベーグルやスコーンが販売されますので、是非、工房を訪れてみてはいかがでしょう?「オガール紫波 産直 紫波マルシェ」「ルート396長岡産直」 などでも販売されています。

所在地: 〒028-3321  紫波郡紫波町江柄字清水屋敷90-2
電話TEL 019-681-2393
HP http://www.kikupan.jp/(通信販売も行っています。)