1. ホーム >
  2. いわてのイイモノ紹介― 「食」のイイモノ ― >
  3. 「まめ工房 緑の郷」

MENU

トップページ

機構について

活動報告

リンク集

お問い合わせ

第2作業部会・産業基盤の集積と強化リンク

復興教育作業部会

いわて復興未来塾

応援しています

2016いわて国体

2016いわて国体

2016いわて国体

いわて平泉 世界遺産情報局

ilc

空港利用促進協議会

関連リンク

岩手県

「手作り」「安全」「安心」を信念に 岩手県大豆100%のお豆腐づくり

買うなら岩手のもの
まめ工房 緑の郷

  豆腐づくりのはじまり

まめ工房概観

まめ工房概観

   盛岡市上飯岡の「まめ工房 緑の郷」は、障害者支援施設「緑生園」の隣に位置しており、知的障がい者の就労の場として平成20年に開業しました。
   「緑生園」は昭和41年に岩手県第1号の民間の知的障がい者自立支援の施設として開設されて以来、自ら育てた大豆を収穫し、 豆腐を作り食べるという、体力づくりと良質な栄養補給を兼ねた取り組みを行ってきました。それが後の大豆製品の製造販売につながっています。
    現在では、一日約300丁の豆腐、手揚げや味噌、惣菜、「おから」を使用した菓子などを製造しています。

 
お豆腐のロゴ入り保冷車

お豆腐のロゴ入り保冷車

店舗内の様子

店舗内の様子

  自家生産の材料を使った大豆製品

自家生産の材料を使った大豆製品

製造風景

   まめ工房では、100%岩手県産大豆を使用しており、その多くを自家栽培しています。
   「ナンブシロメ」「スズカリ」「リュウホウ」などの品種を生産していますが、育った畑の土 壌などにより、同じ品種の大豆でも性質が変わってくるとのこと。豆腐をつくる時にはうま く固まらないことがあるため、毎回材料の配合には気をつかうそうです。
製造する上での信念は「手作り」「安全」「安心」であること。 製造過程の多くを手作業で行ない、ひとつひとつを丁寧に作りあげています。

大豆製品

大豆製品・製造風景

「つるりもめん」
木綿豆腐といえば、少し固めのものを想像しますが、まめ工房の「つるりもめん」は名前の通り、 「つるり」と絹ごし豆腐のような食感で、そのままでもおいしく頂けます。豆乳の濃度が高く、 大豆の味がより感じられます。
「秘伝豆とうふ」
盛岡市材木町で開催される「よ市」で限定的に販売しているもので、岩手生まれの大豆「秘伝」で作られた豆腐です。 「秘伝」枝豆の濃厚な風味が人気を呼んでいます。
※「よ市」(4月〜11月)期間以外での販売については要問い合わせ。
「三角手揚げ」
まめ工房の人気商品。膨張剤などの添加物は加えておらず、菜種油でじっくりと揚げられています。 やわらかく厚みがあり、おでんなどに入れても非常においしく頂けます。

出荷直前のつるりもめん豆腐

出荷直前のつるりもめん豆腐

手揚げの様子

手揚げの様子

  今後の取り組み

米の収穫風景

米の収穫風景

毎日、製品を作る際に使われる大豆は約60kgにものぼるため、 収穫量を増やしていくことや品質を向上させることが、これからの課題ということです。 大豆だけではなく、米(うるち、もち)、南瓜(南部一郎)、葱などを栽培しており、今は、 南部一郎を使った製品の開発に試行錯誤を重ねているそうです。
また今後は、製品を購入してくださる会員への特典や、新たなメニュー開発、 販路の拡大にも力をいれていきたいとのお話でした。

※南部一郎・・日本在来種から育成された岩手生まれのかぼちゃ。甘みがとても強く、細長い独特の形状をしている。

 
今回お話を伺ったのは・・・    まめ工房 緑の郷

まめ工房の製品は、工房のほか、よ市(盛岡市材木町)、 クロステラス、サンフレッシュ都南店、軽トラック市(雫石町)など各店舗・イベントでも販売されています。(週替わりで販売される製品もあり)

所在地: 〒020-0854 盛岡市上飯岡2地割52-1
電話TEL 019-637-3515
HP http://www.mame-koubou.net/(FAX注文による販売も行っています。)