1. ホーム >
  2. いわてのイイモノ紹介― 「技」のイイモノ ― >
  3. 「手作りフライロッド」

MENU

トップページ

機構について

活動報告

リンク集

お問い合わせ

第2作業部会・産業基盤の集積と強化リンク

復興教育作業部会

いわて復興未来塾

応援しています

2016いわて国体

2016いわて国体

2016いわて国体

いわて平泉 世界遺産情報局

ilc

空港利用促進協議会

関連リンク

岩手県

岩手の自然を愛する カムパネラの”手作りフライロッド”

買うなら岩手のもの

【平成22年10月14日 更新】

カムパネラ【紫波町】

岩手の川と、カムパネラのロッドは、全国の釣り人の憧れ

カムパネラ

「岩手の川は最高!岩手でロッドを作ることに意味があり、首都圏から供給されるのは何か違う。」とカムパネラの宇田さんは言います。
岩手には山があり、川が無数にあります。都会では街の外に自然があり、両者が共存していない状態ですが、岩手は自然の中に街があり、とても身近な関係で、自然を大切にしています。だから、魅力的な川が沢山残っているのでしょう。釣りシーズンの季節になると、岩手には全国各地から沢山の釣り人が訪れるそうです。

カムパネラのロッドが愛される理由

カムパネラのロッドで釣ったイワナ

カムパネラのロッドで釣ったイワナ

カムパネラのロッドは、全て手作りし、一人ひとりのカスタマイズにも応じているため、一月に生産できる数は60本ほど。注文して、1年半待ちの状態です。予約票を見ると、首都圏はもちろん、九州からの予約もあります。
(殆どは県外の人ばかり。実は、岩手県内からの注文は、あまり無いそうです‥)

釣りに精通した職人が、「ロッドを手にする人」を想って作る

職人による手作りのロッド

職人による手作りのロッド

なぜ、カムパネラのロッドが人気なのか、代表の宇田さんに聞くと、「好きこそ物の上手なれ 好きだから、もっと良いものを作りたいと思う。気持ちの入れ方が違う。大量生産すると、釣りを知らない人も制作に携わることになる。そうなると、それはただ作っているだけで、想いが込められていないものになる。うちは、魚のことを思いながら、使ってくれる人を思いながら作っている。それが、みんなに伝わるんじゃないかな。」

和賀の川

和賀の川

カムパネラではは、ほとんど宣伝していないそうです。「宣伝をしないと、興味がわかない?」と宇田さんは笑いました。広く宣伝をするのとは違った付加価値が、そこで生まれるのかもしれません。

「カーボンロッド」と「バンブーロッド」、2種のフライロッド

カムパネラのロッドで釣ったヤマメ

カムパネラのロッドで釣ったヤマメ

フライロッドとは、糸の先に水生昆虫などを模した毛バリ(フライ)を付けて魚を誘い出すフライフィッシングに使う釣竿です。毛バリは非常に軽いため、糸(フライライン)の重さで毛バリを飛ばします。狙った場所に飛ばすには、かなりの練習が必要かも知れません。
『カムパネラ』では「カーボンロッド」と「バンブーロッド」、2種のフライロッドを作っています。

カーボンロッド

カーボンロッド

素材は、カーボンファイバー。現在、釣竿の素材では主流となっています。軽いため、長時間の釣りでも疲れず、手入れも手軽であるということから、一挙に普及しました。
カムパネラではカーボンシートを整形するところから手作りしています。
カーボン紙を鉄芯に巻き、約130度に熱した釜で焼く。鉄芯を抜くと中が空洞になり、軽量に。

バンブーロッド

バンブーロッド

厳選された竹を張り合わせ、カーボンでは味わえないキャスティングとバランス性能が絶妙の感覚を生み出します。制作には非常に手間がかかるため高価な竿ですが、釣り人にとって憧れであり、使う喜びを感じさせてくれる竿です。
1本の竹を細かく割り、正三角形に削ったものを6本合わせ、接着剤で張ります。こうすることで強度が増すのです。

釣り人の集う工房

カムパネラ

カムパネラの工房

釣りシーズンになると、カムパネラの工房にも自然と釣り人が集まります。取材にうかがった日も、岩手での釣りを楽しみにいらした、栃木のお客様がお二人。釣りに出かける前に工房に立ち寄ったそうです。カムパネラは、釣りを愛する人たちが自然と集う場所なのです。

カムパネラ

宇田 清さん(代表) 神奈川県出身
石川 寛樹さん 神奈川県出身

カムパネラ代表の宇田清さんがフライフィッシングを始めたのは23歳。大手メーカーのロッドを使用していたが、機械で大量生産されるロッドに疑問を感じ、自分で制作するように。その後、豊かな川のある、岩手県へ移住。
それまで勤めていた会社の真空ポンプの技術を活かし、平成11年にロッドーメーカーを立ち上げる。岩手で知り合った石川さんと2人で、月に60本程のロッドを制作している。

※ カムパネラのロッドは、ホームページから注文できる他、マッハランド内イーハトーヴ釣具店(盛岡市)で取り扱っています。


紫波郡紫波町佐比内字外ヶ沢12ー1
電話TEL・FAX 019-674-2688
HP http://www.campanella-jp.net/

いわて希望プラザで展示

掲載日 : 2010年10月14日

ページの上に戻る