1. ホーム >
  2. 活動 - ラウンドテーブル・総会 - >
  3. 平成24年度 第2回ラウンドテーブル

MENU

トップページ

機構について

活動報告

リンク集

お問い合わせ

第2作業部会・産業基盤の集積と強化リンク

復興教育作業部会

いわて復興未来塾

応援しています

2016いわて国体

2016いわて国体

2016いわて国体

いわて平泉 世界遺産情報局

ilc

空港利用促進協議会

関連リンク

岩手県

平成24年度 第2回ラウンドテーブル・復興のかけ橋フォーラム

平成25年2月9日(土)
岩手県立大学宮古短期大学

平成24年度第2回ラウンドテーブル

各作業部会からの報告

各部会から、24年度の事業実績と25年度の事業計画について報告がありました。

・第2部会(産業復興)
沿岸地域の企業に対する支援策を推進
・第4部会(人材育成)
当初の想定通り24年度で活動を終了
・第5部会(医療福祉)
具体的な政策提言をとりまとめ
・公募型復興企画推進部会
県に事務局を移行し、新サイトの運営・沿岸サテライトの設置等、体制を強化
・観光部会
コンベンション誘致など具体の活動を展開

新部会の設置

  岩手大学の藤井学長から、第4部会を継承する形で、復興を支える子どもたちを育成することを目的に、 新たな人材育成の部会の設置提案があり、今後企画委員会で検討していくこととなりました。

東北未来創造イニシアティブ

  7月の第1回RTにおいて、機構が取り組むこととして方針決定がなされていた「東北未来創造イニシアティブ」について、取組の説明等がありました。
  全国の主催である東北ニュービジネス協議会から事業概要説明があったほか、当日欠席された、RTメンバーでイニシアティブの中核発起人である米谷春夫氏のコメントが読み上げられました。
  本県においては、経済同友会を通じ、釜石市と大船渡市に企業出向者が3名ずつ派遣され、人材育成や産業づくりに取り組んでいく予定です。
  いわて未来づくり機構では、岩手銀行が中心となり、両市とともに地域主催として本イニシアティブに参画します。

平成24年度ラウンドテーブルの様子その1 平成24年度ラウンドテーブルの様子その2
平成24年度ラウンドテーブルの様子その3 平成24年度ラウンドテーブルの様子その4

             

              

復興のかけ橋フォーラム

  RTと同日の午後からは、同じく岩手県立大学宮古短期大学において、岩手県と共催で 「復興のかけ橋フォーラム」を開催しました。
  「人を助けるすんごい仕組み」と題し、西條剛央氏(早稲田大学大学院専任講師、 ふんばろう東日本支援プロジェクト代表)からご講演いただいた後、RTメンバーやNPO法人いわて連携復興センター代表の鹿野順一氏等によるパネルディスカッション、分野別の情報交換会等を実施しました。

平成24年度ラウンドテーブルの様子その5 平成24年度ラウンドテーブルの様子その6